知っておきたいビジネスローン

ビジネスローンの種類と特徴

ビジネスローン

会社を運営するうえで資金の調達が必要になった時、ビジネスローンを利用するという方法があります。ビジネスローンとは、自営業や個人事業主、中小企業の運営者向けに資金を融資してくれる金融サービスの事です。手軽に融資を受けられるサービスとしてはカードローンの知名度が高くなっていますが、個人向けのカードローンは事業資金として運用する事は出来ません。

ですから、手軽にそして迅速に資金を調達したいと思ったらビジネスローンを利用しましょう。そんなビジネスローンは、大きく分けると銀行とノンバンク系の2つに分ける事が出来ます。それぞれに特徴があり、メリット・デメリットも異なっていますからその点をしっかりと理解した上で利用する業者を選択するべきです。

まず、銀行系のビジネスローンの特徴は、最高融資金額が大きいという事になります。銀行によって最高融資額は異なりますが、数千万円から1億円もの高額な融資が可能なローンもあります。事業の拡大などで多額の資金が必要な時などには、頼りになるでしょう。また、銀行ビジネスローンは金利が低いという嬉しい特徴もあります。事業資金の場合カードローンでの融資と比べて借入額も大きくなりますから、金利が高いとかなりの負担となってしまうので銀行のように金利が低いというのは、大きな魅力になりますね。

 

また、従来の銀行融資では申し込みを行った業者の事業内容や計画、希望額など様々な面から融資を検討する事になるので、非常に時間が掛かるという欠点がありました。しかし、銀行ビジネスローンは定型貸出といって、融資条件や審査の仕方が一定となっている為に融通が効かない代わりにスピーディーな審査が可能となっているのです。ただ銀行の場合は、ビジネスローンであっても担保は不必要な事がほとんどですが、保証人は必要な事が多く、他にも決算書などノンバンク系よりも複数の書類の提出が必要となる事が多いため即日融資は難しくなっています。

ビジネスローンの特徴

ビジネスローン

担保も保証人も不要だと説明される事もありますが、実際銀行系のビジネスローンでは代表者1名の連帯保証人などが必要となる事が多いものです。ビジネスローン=無担保・保証人不要と思い込まない様に注意しましょう。スピーディーになったとはいえ、審査の結果が出て実際に融資を受けられる様になるまで数日掛かる事もあるので、余裕をもって申し込みを行う必要がありますね。

 

一方、ノンバンク系のビジネスローンでは消費者金融や信販系の業者が提供しているサービスとなり、中にはビジネスローン専用の業者も存在しています。ノンバンク系業者のビジネスローンも、銀行系と同じで審査内容や条件が定型となっているので審査はスピーディーです。更にノンバンク系では、基本的に保証人も担保も不要な上に必要となる書類も少ないため条件が揃えば即日融資が可能となります。そのため近日中に資金が必要な場合には、非常に頼りになるでしょう。

ただ、ノンバンク系のビジネスローンは最高融資額が300万円〜500万円の事が多く銀行系と比較するとかなり融資額に差がついています。また、金利も高いというデメリットもあります。

こうしたノンバンク系のローンは通常、総量規制法の対象となり年収の1/3を越えた金額の融資を受ける事は出来なくなっています。しかし、個人事業主に関しては事業計画書などを提出することによって年収の1/3を越えての融資も可能なのです。ただこれは、あくまでも個人事業主に限ったことであり法人の場合は違います。

最近のビジネスローンの中にはフリーローンのようなローンカードを用いたサービスも増えてきた

こうしたローンカードタイプのビジネスローンなら、カードを使えば提携ATMなどから融資額の範囲内なら自由に借入をする事が出来ます。コンビニなどのATMを利用すれば、土日祝日関係なくほぼ24時間いつでも好きな時に資金を調達する事が出来るのです。いざという時にこうしたカードがあれば、精神的にも安心感があるでしょう。

 

ビジネスローンは、この他にも最長返済期間なども業者によって異なっているため、多角的な視点から目的に合ったローンを選ぶ必要があります。金利や最高融資額、審査から融資までのスピード、ローンカード型かどうかなど色々と比較検討してみましょう。

 

無利息期間サービスが用意されているビジネスローンもあります。もし、極短い日数で返済出来ると分かっているなら、こうしたサービスを利用する事によって金利の負担がなく資金を調達する事も出来ます。そのほか期間限定でキャンペーンが開催されている事もあるので、そういった事もチェックしておくと良いでしょう。

ビジネスローンは、従来の事業資金融資よりも手軽な分、よく計画をたてて資金調達・運用しなければ結局返済負担が増えて経営が追い込まれてしまう可能性もあります。個人向けのフリーローンと同じように、ビジネスローンの利用も「計画的に」行わなければいけない事を忘れてはいけません。